スポーツビジネスについて思うことあれこれ

代表戦で“熱”を感じたカンボジアサッカーの未来

こんにちは。嶺です。


先日行われた、カンボジアvs.日本のサッカーW杯予選。カンボジアはサッカー熱がものすごいということで、5万人収容のスタジアムに満員の観客が集まりました。試合内容も観客の後押しのおかげか、前半0-0と勝ちに等しい展開をしていたのもあり、非常に盛り上がりました。


現在カンボジアではリーグ戦の日程がすべて終了し、多くの選手がコンディションに問題を抱えていました。試合中にも何人もの選手が足をつり、限界を迎えていたことも印象です。


カンボジアのサッカー熱が盛り上がっているとありましたが、今年のリーグ戦は悲惨な状況でした。2月開幕予定だったリーグの開幕は結局7月までずれ込み、日程を消化するために、中1〜2日という強行日程でリーグを敢行。入場料が1~2.5ドルのリーグでカンボジアでも観戦可能な値段に設定されていますが、優勝が決まる試合を平日の15時に行うなどファンも観戦できない状況で日程が組まれています。“サッカー熱が高まっている”という言葉と相反するようなリーグ運営をしているのです。


日本でも、ラグビー協会の入場チケットの失敗談がしきりにニュースになっていますが、カンボジアのサッカーの発展にはリーグ運営が鍵を握るでしょう。中1日では選手にとって負担しか残りませんし、ファンを増やすにも中1日で全試合を観戦することは不可能です。ファンが観戦できる環境を作るためにも、まずはしっかりとした運営をしていくことが大事ですね。


カンボジアのリーグは33年前に発足されており、日本より歴史が深い。今では経済も成長していて、日本人サッカー選手も多くカンボジアリーグでプロとしてプレーしています。また、日系の企業も多く存在していて、カンボジアンタイガーFCは日本企業がオーナーのクラブです。おそらく選手にしても運営にしても日本企業がカンボジアに進出し、サッカーを強化していくことになると思います。アジアが発展すれば日本サッカーの強化にもつながりますし、日本人サッカー選手の可能性がどんどん広がるので、活動を続けて欲しいですね。


カンボジアリーグについて個人的な意見ですが、外国人枠は撤廃すればいいのにと思います。(カンボジアリーグでは外国人の登録は5名で出場は3名まで。)日本もそうですが、今後世界に出ていくために、自国の選手中心でリーグを行うのは成長を遅らせてしまうと思うのです。セリエAのインテルなんてほとんど自国の選手はいません。ホームグロウン制度があるので、今は少し増えましたが、モウリーニョがいた時のCL決勝なんてスタメンにイタリア人選手は一人もいなかったのですから。自国のレベルを上げる段階にあるリーグでは外国人枠は必要ないと思います。レベルの高い外国人選手とプレーしたほうが、自国の選手のレベルアップに繋がるでしょうし。


カンボジアサッカーはどんどん成長していく土台にあると思います。今後も日本企業、日本選手がカンボジアに進出し、成長していくでしょう。とはいえ、カンボジア代表の試合を見た感じでは技術的な面も、フィジカル的な面もまだまだレベルが低いと感じました。カンボジアの選手で解説が「日本に挑戦するかもしれない」と言った選手がいましたが、日本で助っ人として活躍できるレベルとは思えませんでした。コンディションの問題かもしれませんし、戦術の問題なのかもしれません。理由はわかりませんが、予選で全敗している中で、守備的な戦術を取るのか、その中でも攻撃的なサッカーに挑戦するのかの選択は非常に大事です。もっと挑戦して欲しかったというのが印象です。


カンボジアのサッカー熱にはびっくりしましたし、ちょっとワクワクしました。熱があれば絶対に成長できると思います。今後のカンボジアサッカーの成長が楽しみです。

0コメント

  • 1000 / 1000

REIのHP

REIの日本のスポーツビジネスを語れ! アスリートやスポーツ団体と企業、ファンを繋ぐブログ。